借金がある人へ

ユラリとハリネズミ > 経済 > 借金がある人へ

借金がある人へ

破産における手順によると申請者はまず申請用の書類を申請人の住居を管理する地方裁判所に差し出すということになります。

申請人が提出した申請書類が来たら裁判所は、破産申請の許可をしなければいけない理由が存在するかどうかを調べる流れとなり、終わったとき申請した人に支払不能の状況などといった破産の必要な条件が十分満たされていたら、破産申請の認可がもらえるというわけです。

しかし、破産申立の決定があっても、それだけですと債務がなくなったことにならないのです。

さらに免責の承認を受ける必要性があるのです。

免責と呼ばれているのは破産の手続きのときに支払いすることが難しい申請人の返済額について地方裁判所のもと返済を帳消しにするというものです。

要するに返済額を帳消しにすることです。

免責においても、自己破産申立の認定の審理と似ていて裁判所で診断がなされ、審理の末に、免責の判定がなされた場合は破産者は責任から解放されることになるから借金はゼロになり、結果として、クレジットカードが利用できなくなることを別にして、自己破産判定者の受ける不利益から脱することとなります。

このとき、免責拒否(返済をまっさらにできない)という判断がなされた場合返済義務さらに破産判定者が受ける不利益は残されることになることは避けられません。

破産の法律の免責という制度は無理もない理由で負債を負ってしまい、苦しんでいる債務者を助けるための取り決めです。

ですから、財を隠蔽して自己破産の準備をしたりといった地裁に向かって偽の申請書を届けるなどの破産システムを不正利用する人間であるとか買い物などの浪費によって負債を作ってしまった人の場合はその自己破産の許諾プログラムを消したり免責が不許可になります。

法律では免責をもらうことが不可能な事由を今説明した状況の他に数多く設定されていてその事由を免責不許可の要因としています。