こんな返済の仕方があったのか!(借金をなくすには)

ユラリとハリネズミ > 生活 > こんな返済の仕方があったのか!(借金をなくすには)

こんな返済の仕方があったのか!(借金をなくすには)

そもそも、個人が破産を申し立てるまでの期間は返済者人へ対する電話を使う取り立てと、負債者人の住んでいる家への直接訪問によった収集は法律違反というわけではないということになっています。

とくに、自己破産の事務手続きに進んでから手数がかかった場合では債権保持者は強硬な収集をやってくる危険が上昇します。

債権人サイドとしては残金の清算もしないでそれでいて自己破産といった作業もしないという状況であると業者内で対応をやることができないからです。

そして、債権保有人の一部には有資格者に助けを求めていないとわかったなら、かなり強引な返済要求行為を繰り返す企業も存在しています。

司法書士団体や弁護士法人にアドバイスを求めた際には、個別の債権者は負債者に関しての直接要求を行うことができなくなるのです。

要望を伝えられた司法書士の担当者あるいは弁護士の方は依頼を担当すると記した文書を各債権者に送付し、各取り立て会社がその郵便を受け取った時点で被害者は取り立て会社による強行な返済請求から解放されるということになります。

ここで、取立人が仕事場や故郷へ行っての徴集は貸金に関する法律のガイドラインによって禁じられています。

金貸しとして登録してある会社であれば勤め先や実家へ訪れる返済要求は貸金業法に違反しているのを分かっているので、違反であると伝えてしまえば、そのような徴集をやり続けることはないと考えます。

自己破産に関しての申請の後は、本人に向けた収金を含めて例外なく収金行為は禁じられます。

よって、業者からの返済請求行動は音沙汰なくなるということです。

とはいえ一部にはそういったことを分かっているのに電話してくる債権者も存在していないとはいえません。

貸金業として登録済みの会社であれば、自己破産の申請の後の収金が貸金業法規制法のルールに違反しているのを気づいているので、違反であると伝えれば、そういう返済請求を続けることはないと思います。

しかし、違法金融という俗称の未登録の会社に関してはこの限りとはならず、違法な徴集行為が理由の被害者が減らない情勢です。

闇金融が取り立て業者の中にいそうな際はどんな場合であれ弁護士の会か司法書士グループなどのエキスパートに依頼するようにする方がいいでしょう。


関連記事

  1. エアコンクリーニングの必要性
  2. 人生楽しく
  3. 自分ではちょっと無理・・・そういう時にハウスクリーニング
  4. 中古車ご購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴー
  5. 債務整理、わかりやすく説明します
  6. こんな借金理由は嫌だ
  7. 残高がなかなか減らない恐怖
  8. こんな返済の仕方があったのか!(借金をなくすには)